banner

個性的なお葬式のスタイル

昔ながらの自宅葬、一般葬も選ばれている中で、故人や遺族の想いを形にできる家族葬も注目を集めています。また故人の意思や様々な事情で直葬を選ぶ家庭もあります。そんな中で、近年の終活ブームも手伝い故人の意思で個性的なお葬式のスタイルや最新のお葬式の方法も選ばれることがあります。

ドライブスルー型のお葬式と聞けば味気ない気がするでしょうか。車に乗ったままで全てを済ませることができるお葬式のスタイルです。まず専用通路に車で進み、受付をします。受付にはタッチパネルが設置されており、氏名や住所を入力します。ここでお香典などを係員に手渡しをします。お焼香は実際にするのではなく、焼香ボタンを押します。すると喪主の近くに置かれた花形のランプが優しく灯り焼香した事実を知らせます。もちろん並行して葬儀場ではお葬式も行われています。このようなスタイルが生まれた背景として、高齢になり外出をするのが困難な参列者がいることや、車椅子での生活をされていて葬儀場では車椅子を押してくれる係員が不足していることなどが挙げられます。

またお葬式に個性的な演出を加える方もいます。ミラーボールをお葬式に取り入れる形です。ミラーボールというとディスコやカラオケのイメージが強くお葬式とはかけ離れているでしょうが、祭壇の後ろに設置し、ミラーボールに当てる光の色を変えることにより桜や雪などを美しく演出することが可能になるのです。

最後に新しいスタイルである宇宙葬をご存知でしょうか。日本では埋葬をするのが一般的ですが、ロケット技術の発達などにより宇宙空間に散骨をする方法です。遺骨を粉末状にしてバルーンの中に入れ空に放つ方法と、カプセルに遺骨を詰めロケットで打ち上げる方法です。星に還るロマンがあるという精神的なメリットが大きい中、一度散骨をしてしまっては取り戻せないことや親族の理解が得られないことデメリットもあり現時点ではそこまで普及しているスタイルではありません。親しい人の理解を得ながら、故人や遺族の希望を取り入れた理想のお別れの時間が過ごせるといいでしょう。

Copyright©2018【様々なお葬式のスタイルとそのメリットデメリット】 All Rights reserved.