banner

今注目のお葬式のスタイルの家族葬と昔ながらの自宅葬

最近注目されているお葬式のスタイルが家族葬です。はっきりとした定義は特になく、一般的なお葬式を小規模、少人数で執り行われるお葬式を指します。流れとしては一般葬とかわりはなく、お通夜やお葬式、告別式を行いますが、少人数で行うため故人の意思や遺族の希望を取り入れやすくなっています。宗教にこだわらない比較的自由なスタイルや古いしきたりに縛られることなくお別れの時間を過ごすことが可能になります。近年の多様化したニーズに応えることができ、核家族化の増加や参列者の減少などにより選ばれることが増えてきているお葬式です。

生前大好きだったお花を飾ったり、好きだった音楽を流したり、故人の思い出の品やアルバムを並べたりと故人の好きだったものを式の中に取り入れお別れの時間を過ごすケースもあります。家族葬のメリットとしては、少人数ならではで故人や遺族の想いを反映できる点です。音楽やお花、飾りなど好きなものを選べます。また参列者が少ないということでゆっくり故人とお別れの時間が過ごせます。しかし故人の交友関係が広い場合は注意しなくてはいけません。参列者を限定する家族葬が執り行われた後に、自宅に弔問に訪れる方が増えその対応に忙しくなる場合もあるからです。また直葬同様お別れをしたかった故人の友人から不満の声が上がる可能性が考えられます。

自宅葬とはお通夜とお葬式、告別式を自宅で行う昔ながらのスタイルです。長い間入院生活を余儀なくされていた方や、故人の意思で自宅でのお葬式を望まれていた方に選ばれています。メリットは会館の使用料がかからないためその費用は節約になります。また会館への移動の手間と時間も省くことができます。そして最大のメリットは故人の思い出が詰まった自宅で最後の時間を過ごすことができるということです。

一方で自宅でお葬式をするためには棺や最大、料理を並べるところなどある程度のスペースを確保しなくてはなりません。そして親戚や寺院、葬儀社など多数の人や車が出入りします。参列者への対応や隣近所への配慮も必要になります。

Copyright©2018【様々なお葬式のスタイルとそのメリットデメリット】 All Rights reserved.